はやおき


by kado-kayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

環境ノイズを読み、風景をつくる

c0027402_22571378.jpg

環境ノイズを読み、風景をつくる
著者:宮本佳明
出版:2007年

まず読み終わった感想から言えば、
自分の興味のある領域で非常に面白かった。

大きく前・後半に分かれており、
前半:環境ノイズエレメントの発見事例
後半:実作における環境ノイズエレメントの考え方の利用と、自己分析的な再発見
といった内容。


さて、環境ノイズエレメントとはなんぞや。

街や地図上における違和感のある光景。
その原因を歴史に求める。
たとえば。。。
・道沿いに突如現れるコンクリートのガードレール。古地図によるとそれは海沿いの堤防だった。
・地図上で不自然にカーブする線路。予定されていた路線が着工取り消しになったために、既に出来上がっていた路線のみが残って現在に至る。
・用途も不明な古い溝が、スケールがちょうどよかったために、そのまま現在では駐車場に転用されている
…などなど。

過去に作られたものが遺構となったのち、姿を消してもなお、現在の用地利用に影響をもたらしている。
そういった要素を環境ノイズエレメント、としている。
さらに、環境ノイズエレメントの形成のされ方を、10のパターンにあてはめる。

で、「自らの作ってきた建築の作られ方を再分析すると、実はこの10パターンの中のこれが使われてましたよ」、ということを後半にやっている。

後半はまあ、こじつけ感ただよう感じで…
果たしてこれを設計手法として持ち込むことができるのか、という点は評価しずらい。
ただ、前半は文句なしに面白い。

鹿児島にもかなりの数の環境ノイズエレメントがありそう。
僕も、普段から風景の中の違和感を見つけては「ウヒョー」と興奮している変態ですが、著者はレベルが違う。
指摘されないと気づかないような違和感を見つけてきている。
さらに、古地図引っ張り出して、その土地の歴史も調べて…とかなり気合のいる作業が必要。
でも、あーーすげー楽しそう。。。。。
と思わずにはいられない。

とまあ、終始興奮しながら読んだ1冊だった。
[PR]
by kado-kayo | 2008-07-10 23:47 |