はやおき


by kado-kayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

neon

ケータイ替えました。

四角いケータイってなんで出ないんだろう…とずっと待ってて。
最近やっと出た。neon。
c0027402_1404561.jpg

実際手にとってみるまでは、
「なんか狙いすぎ感があるデザインでちょっとだけ気に食わん」
「表面に浮き出るLEDなんていらんわ!」
とか思ってましたが、

なんのなんの。
かなり気に入りましたよ。

スパッとした四角。陶器のような質感。メカっぽくない。
欲を言えばもう少し薄いとよいのですが、まあ目をつぶろう(笑)

数年前に比べれば、メーカーの技術勝負は行くとこまで行き着いたという印象。
やっとデザイン面に力が入ってきたのかな、と。
というかもうデザインぐらいしか勝負するところが残ってないもんね。

こういう四角いシンプルなケイタイを望んでる人って
けっこういたんじゃないかな。
ホントに、なぜこれまで出なかったのか、というくらい。

あと、僕もそうなんですが、
通話・メールだけあれば正直あとはあんましいらん、
という人も結構いるのでは。

いっそのことカメラとか全部はずしちゃって
かっこいいシンプルケータイ作って欲しいものです。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-28 01:43 | おきにいり

最近、海外で建物の崩壊事故が相次いでいる。
そのたびに瓦礫の下敷きになって多くの人が亡くなる。
本来人を守るべき建築が、人を殺す凶器にもなってしまうことを改めて認識させられる。

地震のときに人が死ぬ原因の多くは、地震の揺れそのものではなく、
崩れた建物の下敷きになること。

つまり、建築が無ければ、地震の時に死ぬ人もほとんどいないということになる。
屋根の崩落事故だって、その建物がもとから無ければ絶対に起きない。
結局、建築が無ければよいのだ。

でも実際、建築を無くすことはできない。
人は、雨・風・雪、その他いろいろな悪条件から逃げなければ生活できないから。

作れば、人が死ぬかもしれない。
だからといって作らなければ、良い暮らしはできない。

この葛藤の中、リスクを抱えても、人は建築をつくる。
つくるからにはそれは安全なものでないといけない。

機能・デザイン・設備、そういうものは確実な「安全」がある上にやっと成立する。
建築家がいかに哲学を語っても、建築の本質は「安全」にある。

「安全」を絶対に忘れてはいけない。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-25 18:23 | 建築

クロネコヤマト

昨日にひきつづき、
ものすっごくどうでもいいことなんだけど。


いや、ほんと、どうでもいいことなんだけど。

昔からの悩み。

c0027402_17343357.jpg





クロネコヤマトのキャラクターが、
豚(のようなもの)に見えてしまうんです。

どうしても。
親猫にくわえられた子猫の顔が、
豚(のようなもの)の鼻に見えてしかたない。

街角で見かけたとき、
「今度こそは普通に見るぞ」と意気込んではみるものの、
やはりダメ。

脳内の流れ
クロネコヤマト発見→豚(のようなもの)→二匹の黒ねこ

なぜ、脳内でわざわざ豚(のようなもの)に変換してるのか
自分でも意味がわからん。

うぅむ。。。
これは、いまだかつて人に理解されたことがない。
僕は一生この悩みを持ち続けるのだろうか。


同じような悩みを持つ人大募集。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-16 17:35 | 雑記

無農薬だといいね

どうでもいい。

・・・どうでもいいけどさ、


c0027402_038564.jpg










こりゃないだろ!!
参考リンク:地球島ファミリア 

ひさびさに衝撃受けたよ。意味がわからん。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-16 00:41 | 雑記

結果

TOEIC。

結果はまあ予想どおりかな。
次どうしようかねぇ。高いし…。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-14 01:35 | 雑記

ぶらりー

メイン:卒業設計日本一決定戦in仙台

前半:とりあえず 鹿児島→仙台 直行。
後半:メインを見た後、鹿児島に帰りつつぶらぶら建築めぐり。

という感じで計画中。
今日は「ムーンライトながら」とやらの指定席券を買ってみたり。
余っててよかった・・・。

東京も行きたいけど日程的にきついかな。
関東方面だけまた別に行こう。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-13 19:41 |

方法論

その時その時で常に良いモノ(自分の満足するモノ)が作れればベストですが、
実際はそううまくはいかないわけで。
そこで、自分の中にモノづくりの考え方を確定しておき、
それに従って作る、という手順を常に踏めば良いモノができやすくなる。

ということで、自分なりの確かな方法論を作っていかなきゃね。

方法論を作っていく順序としては
決まりごとを学ぶ→→それにしたがってみる、自分なりに解釈する→→応用
基本的にはやはりこの繰り返しかな。
まあ数学と一緒なんだけど。
数学を学ぶ目的は、この考え方の訓練なんだと思う。嫌いですが(笑)

いくら創造的なモノを作ったとしても、
それは結局自分の中にあった経験・考え方のストックの組み合わせでしかないと思う。
だから、定石と、自分が良いと思ったモノ・考え方をストックとして蓄えていかなければ
発想の幅は広がらない。
逆に言えば、ストックが増えれば増えるほど、
いわゆる「ひらめき」の可能性が増すということ。
話変わるけど、寝てるとき見る夢もこれと似たようなものだと思う。
結局は起きてる時の経験とか感じたことの組み合わせ。
言語の学び方とも同じ。

以前書いたけど、ジャズのアドリブ練についても同じことが言える。
楽器の練習は、技術はもちろん、実はこういう考え方の練習にもなる。
ビバ☆ジャズバンですよ(笑)

以上より、
とにかく本を読む、より多くの建築を生で体験する、
その中から自分の好きなモノ・考え方をはっきりさせ、ストックとする。
とりあえずはこれを春休みの課題としよう。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-10 01:41 | 建築

うぉぉ

旅!

旅がしたくてしかたない。うずうずしてます。
その前にテストです。
わかってます。

わかってますけど、もはやどうでもいいです。
こんな考えをしている時点で、もはや廃人です。
できるなら俳人のほうがいいです。

旅をするには金、金が必要です。
だれか僕に金塊でもください。切実です。
あと、なんか免罪符みたいなのください。
それがあればテストに落ちてもへいちゃらです。

このままでは唐湊の負のオーラに押しつぶされてしまいそうです。
外へ!外へ!外へ!外へ!SOTOへ!TOSOへ!唐湊へ!
あれ?
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-06 10:58 |

c0027402_1375661.jpg

いつ見ても力強いね。
ちょっと歩けばこんな景色に出会える。唐湊万歳(笑)

ちなみに良く晴れた日だったので霧島連山まできれいに見えました。
あの裏側が小林か~。近いなー。
とか少々物思いにふけりましたとさ。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-06 01:42 | 日記的

決心

やっぱり建築をやろうと思う。
というかやりたい。

この一年、もやもやと考えてきたけど、
結局始めっから自分の中で答えは決まってたんだと思う。
「失敗したら…」ばかり考えてしまう超マイナス思考の持ち主ですが、
決めるとけっこう吹っ切れるんだよね。

思えば今までの岐路、なんだかんだで常に不安な方向に進んでる気がする(笑)
高1。絶対文系、と自他共に思ってたけど、理系に行くことに決めた。
英語得意だったけど、「英語なんてアメリカ人なら子供でもしゃべれるし」とか思って却下(笑)
当時、得意・不得意だけで行く道決めんのはおかしいと思ってた。今でもそう思う。
得意・不得意っていうのは結構個人の思い込み的な要素が大きいと思うしね。
何より昔から「モノづくり」に対する憧れがあった。

この時の選択は当たりだったかなと思ってる。
文系だったらもっとすんなりいってたかもしれんけど(笑)
建築には文系的要素もかなり含まれているから、絶対に自分には無理って気はしない。

今回の件では、性格的なこととかで悩んだりしたけど、
うーん、それはなんとかなんじゃね??
ってことで強引に自分を説得。
結構こういうとこは楽観的で、自分でもびっくりする^^;

正直、かなりコワイってのとわくわくするのと半々。
とにかく、目標が定まればがんばれる。
やるぞ。
[PR]
by kado-kayo | 2006-02-01 01:26 | 建築