はやおき


by kado-kayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

親知らずを抜いた。

とりあえずは右下だけ。
その結果、右頬が、常に何か食ってるみたくプクーと膨れてる。
一週間ぐらいは腫れてそう。アイ・アム・プチデブ(・ε・)

横向きに生えてて、しかも歯茎に埋もれて、
隣の歯との間に隙間を作ってた。
磨き残しによる虫歯が発生する可能性高し!とのことで、抜く。

歯茎切開して、砕いて、引っこ抜く!
麻酔して数十分後、、、トレーの上には粉砕された親知らずが…ナム!

肉の中で横向きに生えて、しかも何も噛むことなく抜かれた、僕の親知らず。
空しい(・ω・)成仏してくれー。

親知らず抜歯4,000円/1本
あれだけの作業だから、まあこのぐらいはするよね。
最近やっと無形のものへの対価に対して当然だと思えるようになってきた。
いいことだ。めざせケチ脱出。

今週の土曜に抜糸、and左下抜歯。
今度は左が膨れる。
うむー、プチデブまっしぐら。
[PR]
# by kado-kayo | 2007-02-06 11:01 | 日記的

熱い人

僕は熱くない。

残念なことだけど、僕は熱い人ではない。
非常に残念だ。

その反動からか、僕は熱い人が好きだ。
エネルギーの塊のような人が好きだ。
心底あこがれるし、すぐに影響される。
熱い人はかっこいい。

僕はたぶん熱い人にはなれない。
なれない、という発想が出てくる時点でなれない。
けれども、いつまでたっても、熱い人への憧れは消えないと思う。

熱い人に会ったり、熱い人の本を読んだり、
そういうことから僕は力をもらっている。

なれないけど、なりたいとは思っている。

こうやって、いつも宣言ばかりの自分に飽き飽きするけれども、
やっぱり、かっこいいと思うものになりたいもんだ。

他の人から見たら無気力の塊かもしれないが、
自分の中では昔よりは近づけてると思いたい。ね。
[PR]
# by kado-kayo | 2007-02-03 20:15 | 雑記

まちづくり

今、都市に関しての授業を受けていて、それが非常に刺激的でおもしろいのですが。
同時に、ものすごく空しさを感じる瞬間もあるわけです。

コルビジェらによる、近代都市理論に基づいた都市計画の破綻が明らかになり、
どういった考え方でそれを抜け出し、新しい都市を作っていくのか、、、
というのが最大の問題。

まあ結果から言えば、プリミティブな方向に向かうのが最善である、と。

近代都市理論では、
広い敷地に高層住宅をドーンと作り、余ったスペースに緑を。
そして車と人の動線は分離して、安全を確保。
住むところと働くところは分ける。
おおまかにいえばそのような理念で都市を作っていこうという方針でした。

しかし、所有権のはっきりしない緑地は犯罪の温床に。
車と人を分けたことで、歩道部分はやけに静かになって、またもや犯罪の温床に。
アムステルダムのベルマミーア団地なんかがその顕著な例。

悪さのできる環境を提供してしまえば、悪い奴は悪さをしてしまうわけです。
残念だけど。

日本においても、
職と住を分離して、
木を切り倒して山を切り開いて「ニュータウン」とか称して団地を作りまくって、
郊外から何時間もかけて都心に通勤する、なんてばかげた生活が発生。
都心は夜になるとオフィス街から人が消える。

そして、51Cの理念を勘違いして捉えてしまった結果できあがった「LDK」
今や当たり前になったその「LDK」から成るアパート・マンションは、
鉄の扉を閉ざしてしまえば、隣に誰が住んでるかさえ分からない。
貧しい。非常に貧しい。

犯罪が多発するようになった現在、
監視カメラ、オートロック、万全のセキュリティー住宅、、、
こういった直接的な対応はある意味正しいし、仕方が無い。
仕方が無いのはよくわかる。が、
こういう方向で世の中進んでしまっているのはとても寂しいことだと思う。

もちろん、都市のしくみだけが犯罪の原因ではないのは当たり前。
いろいろな格差だとか、ろくな政治が行われてないだとか、原因はいくらでも考えられる。
しかし、いまの都市構造がその一因を担っていることは間違いないと思う。

これから、日本は少子高齢化で、人口は減少していく一方。
都市の縮小はこれからの大きなテーマになってくるはず。
徒歩圏内で用を済ませることができるコンパクトなまち。
シャッターだらけの中心市街地は、職住入り混じった活気のある地区へ。
集合住宅は、長屋的な、低層高密度な計画に。
もっと人のけはいのある街。
実際に海外には、コンパクトシティーという考え方を実践して成功している街もある。
大変魅力的な考え方だと思う。

なにも、「昔はよかった」、と言っているわけではない。
いまさら都市が農村のようになっても息苦しいだけだ。
しかし、お互いの顔が見える下町のような生活から、
活気のある街とは何か、を見習うことはできる。

近代化して、人間くさい街を失ったあげく、
結局そこを理念とした考え方に戻りつつあるというのは、なんか空しい。だけど、
一回失敗して、転換期にある今に生きているのはとてもおもしろいことかもしれない。

「どんなに技術が進歩しても、人は土から離れては生きられないのよ」
的なセリフがジブリあたりでありましたが(笑)
記事書きながらほげーと考えてたら、ふと思い出した。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-12-13 13:25 | 建築

音楽は楽しい。

大学の邦楽部の定演に行ってきました。

静か~…な曲ばっかりかと思いきや、、、
現代邦楽というジャンルがあるらしく、
アップテンポの楽曲とかも演奏してておもしろかった。

どうしてもプレイヤー的視点で見てしまいがちだけど、それはそれで楽しめました。
ビッグバンド的な大人数編成のものは、指揮もリズム楽器も無しで、しかしまとまっててすごかった。

少人数のものは、なんと2人の演奏も。
これがまた緊張感がすごい。
琴と尺八、琴と三味線、といった組み合わせ。
ノリを提供するリズム楽器がいないので、お互いが出すノリを信じるしかない。
見てて恐いぐらいだった。。。あれは緊張するだろうなーと思って。。。

そんな緊張感の中で、2人の息がぴったり合ったときは最高だろうなと思った。
実際、うまい組はパッと聞いて「おぉー…」と圧倒された。
なんというか、あの一体感はたまらんね。
コンボ演奏に通じるものをすごく感じました。
エヴァンスとジム・ホールのデュオのmy funny valentineを連想した(笑)

なかなかノリが合わない組もあり、
今苦しいだろうな…とか、がんばれ…とか思いながら見てた。
完全にプレーヤー視点ですが(笑)
やっぱりどんな音楽でも、土台となる部分は変わらんのだな…と感じさせられました。
音楽することは楽しい。

ということで、異分野の人々の演奏を聴かせてもらい、
ちゃっかりモチベーションを上げて帰路についたのでした…。
こういう形で刺激を受けるとは思ってなかったのでおもしろかった~。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-12-12 00:03 | 日記的

メシログ

うまいものが食べたい。しかも自宅で。しかも安く。

ということで、これからはまともな自炊をします。たまに。たぶん。
一人暮らし4年目にして。。。

公開したほうがちゃんと作るだろうと思って、恥写真をアップすることにいたしました。
で、別館ブログを作りました。

メシログ

ぼちぼち細々とやっていきますので。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-12-05 14:16 |

買い物

一時期やたら物欲が発動。

ひとり、街やらアミュやらに出かけて物色物色。
ただ単に、寒くなったからそれをしのぐ服が必要だと思ったのもあるけど。
無駄に計量カップやら計量スプーンやら、そういう計量系も購入。
ママ、僕、料理つくるよ。といった感じ。
一人暮らし4年目にしてやっと調味料がそろうかも。みりんとか。

空しい。

あ、あとカレンダーも買った。とびきりカラフルなやつ。
もううちは1月です。お年玉をください。

ボスケテ。

ミリタリージャケットを着てたら旧日本軍的だと言われた僕は、この先どうしたらいいのですか?
磯にでも上陸するか。
ダウンジャケットは暖かい。ボンレスハム最高。もこもこ。ろこもこ。


なんとまあ、上の文章の病んでいることよ!驚きあきれるね。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-12-04 11:13 | 雑記

逆?

安定志向のくせに
気づけばいつもいつも選ぶのは不安定なほうだ

良いか悪いかはわからないけど
[PR]
# by kado-kayo | 2006-11-26 13:09 | 雑記

hank jones

パソコンに取り込んではいたものの、ずっとお蔵入りになってた…
最近、なんとなく聴いてみたら、これがかなりかっこいい!

hank jonesの"just for fun"

一曲目からやられます。
ラテン?とスウィングの切り替えがあって、緊張感のあるテーマ…
そしてハンクジョーンズのきれいなメロディ。
ところどころハッとさせるようなフレーズもあっておもしろい。

それにしてもレイ・ブラウンて、聴けるソロ弾くベーシストだな。。。
けっこう好きかも。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-11-06 14:12 | おきにいり

某ジャズバンのおかげで、
jpopなるものを全く聴かない日々が続いていたわけですが…

久しぶりのヒット。
「salyu」にはまっております。

彼女がリリイ・シュシュだったとは。。。
もう一回映画見てみたくなった。

なんというか、透明というか影のある声がたまらん。
良いです。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-11-02 15:51 | おきにいり

嗚呼、購入

買っちゃいましたよ。
ピアノ。

いろいろネットで探したら
思いのほか高くないのがあったので…。

ただ、打鍵音が予想以上に気になるのが今のところは悩みどころ。
下まで響くのかな、これ。
一応夜間は控えよう。

とりあえず、現実逃避的に弾きまくってます。

「ザ・ジャズピアノ」て本がかなり使えるっぽい。
あの、ジャズバンのピアノの人がみんな持ってるやつ。
ただ、フレーズうんぬん以前に、単純にテクニック的な訓練が必要だ…
クラシックとかやってないからね。。。

今は
①基本コードを覚える ②指を動かす
を主目的とした練習をしようとしてます。

本に載ってる練習に疲れたら、
コードの展開の練習も兼ねて、
スタンダードブックで1曲ずつメロディーとコードを弾いてみたり。
テーマを覚えていくこともアドリブに後々役立ちそう。
コードは実際に曲を弾きながらのほうが覚えられそうだ。
展開形はちょっとずつ覚えていこう。

12キーすべてのドレミファソラシドの指使いもなんとか慣れてきた…気がする
基礎練のために基礎練が必要な状況ですが、、、まあがむばろう。

唯一救いなのは、ベースをやってたこと。
リズム的な問題に少しは役に立つと思う(音を切るタイミングとか)。

そんな感じです。
[PR]
# by kado-kayo | 2006-09-26 20:38 | サークル